株式会社ケー・イー・アイ

園芸資材・生活雑貨の企画販売商社です。

124年に1度の恵方より芋が好き

2月3日は立春。そう暦ではもう春なのですね。

自分が生まれて初めて2月2日に恵方巻を食べました。こちら。

見た目以上にボリューミーで、中に海鮮が詰まっています。

なぜ節分が2月2日なのか、調べてみるとどうやら太陽と地球の位置が関係しているそうで。

124年ぶりの事のようです。

昔の人はどうやって星を測り、季節を知ったのか、本当に敬服します。いったい今がいつなのかなんて、カレンダーを見ないとわかりませんよね。方角にしても、時刻にしても。月の位置なんて毎回違うのに。

小学生の頃、腕時計にマッチ棒をたてて方角を知る方法を知ったとき、感銘を受けました。

それを当時クラスで目を輝かして聞いてくれた宮下君。同じく星が大好きな同級生。

いまなにしてるかなぁ。

今年の恵方は南南東だったそうで、しっかりその方角をみて食べようと思っていたのに。

家の中で、南南東はこっちだなと、頭でイメージして玄関を開けたのに。

リビングに入って、食卓をみたら置いてあったんです。

焼き芋くん。

寒い季節にはほんとピッタリですよね。恵方なんてほんとにすっからかんに抜けました。

すこぶる冷える日にはおいもが一番です。

・・・・、え?おいもがちがうじゃないかって?

これが分かった方はきっとおいものスペシャリスト!

2枚目のお芋の中身の写真は、大分県の甘太君です。

大分県産の「べにはるか」の中から厳しい品質をクリアしたものだけに与えられるブランド。

昨日食べた茨城県産も上質な甘みで大変おいしかったのですが、甘太君。

チャンスがあればぜひ食してみてください。あ、頬っぺた落ちないように気を付けて。

この記事を書いた人

株式会社ケー・イー・アイ営業企画部ショウ
営業企画部のショウと申します。
KEIとご縁があってからかれこれ10年、日々精進の毎日です。

いかに毎日が多くの人に支えられて過ごしているという事を
かみしめるため自分ひとりでアメリカ横断することが夢です。
最低限の英語と夢をリュックに詰め込んで。

2年以内に実現します!