株式会社ケー・イー・アイ

園芸資材・生活雑貨の企画販売商社です。

撮影モデル

初めまして、佐藤 弘翔です。

先日、ご紹介させて頂き、今回が初の投稿となります。
お気軽に、なんとなくで読んでいただけたら、と思います。

夏のある日、友人から電話がきました。
 友人「唐突だけど、写真撮影のモデルしない?」

なぜ急に??

理由は友人の友人がプロのカメラマンになるため、今のうちに撮影しない?というもの
こんな事はめったにないので、快く了承しました。

ー撮影当日ー

 僕「呼んでくれてありがとう!」

 友人「全然いいけど、今日作品撮りもするからねー」

 僕「??」

友人の友人はカメラマンの養成学校に通っており、卒業前に自身の作品を提出するらしく
その「提出する作品」の撮影でした。

 僕「まあ、なんでもいいよー」

と、さっそく着替えることになり、用意されたのは…

なんとタンクトップとスカート

作品のテーマはLGBTに対するものでした。
「男性になりたい女性、女性になりたい男性、様々な性格・容姿がある中で、居たい自分で居られない、
そういう人たちの思いも込めて作ってる。」

この話を聞くまで、友人の友人はヤバい人なんじゃないか、今なら逃げれる、とまで考えていましたが

 僕「任せて」

様々な問題がある中、身近で、誰もが持ち得る感情である人間性を否定している問題です。
見て見ぬふりはありえないと思い、任させて頂きました。

そして撮影を終え、

 僕「ありがとー」

 友人の友人「こちらこそー、またお願いするかも」

普段なかなか体験できない撮影モデル
もし、次回お願いされても、快く受けさせて頂こうかなと思います。

楽しかったです。

この記事を書いた人

弘翔佐藤