株式会社ケー・イー・アイ

園芸資材・生活雑貨の企画販売商社です。

肩こり改善に本気で向き合ってみました

こんにちは、運動キライ、筋肉無し、体力無しのムラカミです。

学生の頃から、体育の授業が何より嫌いで、全くと言っていいほど運動はしたことがなく、仕事はデスクワーク、趣味もインドア という生活を何十年と送ってきたため、私の肩首腰は、コリにコッています。もはや、肩こりのない状態が思い出せない。いつも体のどこかが痛い。でも、しょうがない。これが私の体だから。と長年の不調を見送っていました。

しかし数年に一度、11月頃に痛みが爆発するようになり、数年に一度だった間隔がどんどん短くなり、仕事にも影響が出るようになってしまったので、ようやく重い腰をあげて、先月の12月、整体に行ってきました。

数年前から社長から「凄いらしい」と聞いていた、市内の整体。Googleマップで調べたら、歩いて行けるほどの近所。それでも何年も行くのを渋っていたのは、初診料がなんと12,000円+税 という金額です。

恐る恐るドアを開けると、優しいスタッフさんと、ガタイのいいお兄さん(先生)に暖かく出迎えていただきました。

私の肩こりの原因がわかってきました。

約2時間、じっくりと細かい問診と検査、施術をしていただき、不調の原因と思われるものがわかってきました。

①そもそもHP(体力)が少ない

②姿勢が悪い

姿勢が悪い→肩に負担を掛ける→姿勢が悪いのが癖に…の悪循環

毎日②により、どんどんHPが削られていき、11月頃に ③冷え ④カタログ制作の疲れで、爆発するという流れのようです。

まず、①の対策として、簡単にできるトレーニングを教えてもらいました。運動はしなくても良いから、固まった筋肉を定期的にほぐすことが大事とのこと。

そして②姿勢は、普段から気をつけているつもりだったのですが、全身を3面の鏡で見せてもらうと、明らかにまっすぐ立てておらず、ショックでした。首と肩が前に丸まり、教科書などに載っている類人猿のような姿がそこに…

先生曰く、Macは整体目線からすると位置が低すぎるとのこと。iPadにいたっては、真下を向いての作業になるので、首の負担がとんでもない。確かに、思い返してみると、自宅のソファーで座りながらipadでネットサーフィンや絵を書いている時に首に激痛が走ることがよくありました…

というわけで、自宅と会社のデスク周りを改造です!

こちら、私の会社の机です。

スタンド①は、BOYATAのものです。絵を書くのに力がかかってしまうので、支えてくれるしっかりしたスタンドが必要でした。「ipad 絵描き」などのワードで検索したら、使っている人が多いようです。自宅でも同じものを使用しており、ipadとKindleとスマホを置くのに使っています

スタンド②は、リヒトラブ 机上台です。横幅と高さが選べて便利でした。シンプルで白1色なところが良いです。

そして自宅の机も、同じスタンドのサイズ違いをそれぞれ購入し、使ってみたところ…

激痛に襲われることがなくなりました!!たまにめんどくさがってスタンド使わずにゴロゴロすると、痛みが出たりしますが、トレーニングすれば、解決!

これはすごい。12,000円の価値がある体験でした。

肩こり以外にも、いいことがあった

スタンドを使用して、パソコンなどの位置をあげることによって、肩こり改善以外にも良いことがありました。

それは、パソコン下にスペースができて、細々したものが収納できる!ことです。おかげで、ぐっちゃぐちゃだった机周りがすっきり片付いて気分が良いです。

さらに、原因③の冷えについても年末から真剣に取り組んでみたところ、楽しい出会いが色々とあり、これだけでまたひとつ記事がかけそうなので、次回にまとめます。

今年の目標は、ゆる〜く健康第一!になりそうです。